• ホーム
  • 製品案内(グリス・オイル、接着剤、その他)

製品案内(グリス・オイル、接着剤、その他)

KGKは、接着剤などの高粘度流体、塗料などの低粘度流体用の高圧〜中・低圧圧送装置、工業用材料から食品・化粧品に至るまでの様々な流体のハンドリング装置を開発・製作しています。

定量弁

定量弁とは空気駆動式の自動弁で、開弁すると決められた量の液体・半流動体を吐出するものです。
吐出量の誤差は、限りなく"0"に近いものです。

工業用流体から食品・化粧品など、高圧から低圧に至る、あらゆる流体に対応できるよう、標準仕様品から特注品まで、豊富に取揃えています。

標準型定量弁

標準型定量弁

“これ位だろう”から“これだけ”への発想転換をコンセブトに開発された定量弁は、環境配慮・材料コスト削減・品質管理といった多方面からのアプローチ可能なアイテムです。

こちらの製品例を見る

定量機

500cc以上の定量吐出には、定量機をご用意します。
動作原理は通常の定量弁と同じです。
100ccと自動機用センサ付100ccが標準ですが、200cc以上のものも製作します。

標準型定量機

標準型定量機

こちらの製品例を見る

定量ハンドガン

定量ハンドガンは、液体・半流動体を定量吐出できる手動式の定量弁で、ハンドルを1回握ると、決められた量の材料を吐出するものです。
定量弁同様、吐出量の誤差は"0"に近いものです。

標準型定量ハンドガン

標準型定量ハンドガン

こちらの製品例を見る

定量弁アクセサリ

材料の定量吐出をより効率的に行うだめに、KGKでは色々なアクセサリをご用意しています。

リストリクタ

リストリクタ

複数の注入口に定量の吐出をさせたいときに取り付けます。

自動弁

自動弁

グリス等の高粘度材料の圧送ラインに設置し、ラインの開閉や、材料の小分け塗布に使用します。

材料出口用自動弁

材料出口用自動弁

定量弁と注入口の間が長過ぎるとき、どうしても軟質のチューブを使わなくてはならないときに取り付けます。

何をどう組み合わせれば、より効率的に、ムダを無くせるか。
その発想は無限です。

こちらの製品例を見る

エアポンプ

空気圧駆動レシプロケートポンプは、KGKの出発点。
全ての空気駆動機器は、このポンプを応用・発展させていったものです。
KGKは、高粘度材料を高圧圧送するポンプのパイオ二アです。

動作原理

空気圧駆動により往復運動を繰り返すエアシリンダ(パワーヘッド)で、直結 したプランジャポンプ(シタポンプ)を動かし、材料を吸上げ吐出します。

吐出圧力は、ポンプレシオに供給する空気圧をかけた値がポンプ吐出ロで の吐出圧力(理論値)になります。

※実際の材料出口での吐出圧力は、流量によるポンプ発生圧力低下と、配管抵抗分低くなります。

180型45×1ポンプ

180型45×1ポンプ

700cc電動定流量ブースタ

700cc電動定流量ブースタ

大容量でしかも高圧材料を定流速で供給するには、空気駆動式ポンプでは限界があります。
そのためKGKでは、電動式定流量ブースタも製作しています。

このほかにも、以下の様々な特殊ポンプを設計・製作しています。

  • ●1kg缶用など少量缶用ポンプ
  • ●特殊塗料用定量ポンプ
  • ●空気駆動式ブースタ

こちらの製品例を見る

サービスのご案内

  • 導入をお考えの方
  • 製品をご利用中のお客様へ